カートは空です
メニュー
ここにタグライン・キャッチコピーなどを入れてください。
上代文字言語の研究笠間書院 電子書籍 定番,限定SALE

上代文字言語の研究笠間書院 電子書籍 定番,限定SALE

品番: uaRlgkGbifUcI4E

上代文字言語の研究(笠間書院) [電子書籍] の 商品概要要旨(「BOOK」データベースより) 八世紀以前、漢字は、未だに外国語の文字であった。日本語に用いられた漢字は、どのように「飼い慣らされ」、日本語のなかに浸透していったのか。漢字の仮借から脱却して、日本語の音節文字になりつつあった万葉仮名から...
6,000円  4,800円割引: 20%OFF

アイテム説明

上代文字言語の研究(笠間書院) [電子書籍] の 商品概要

  • 要旨(「BOOK」データベースより)
    八世紀以前、漢字は、未だに外国語の文字であった。日本語に用いられた漢字は、どのように「飼い慣らされ」、日本語のなかに浸透していったのか。漢字の仮借から脱却して、日本語の音節文字になりつつあった万葉仮名から、自国語の文字としての平仮名へ向かう過程を、追究した名著。
    目次(「BOOK」データベースより)
    序論 文字表語機能観
    第1部 漢字を日本語の音節文字につくりかえる
    第2部 万葉仮名で日本語の語形を書きあらわす
    第3部 漢字を日本語の表語文字につくりかえる
    第4部 万葉仮名で日本語の文を書きあらわす
    終論 「文字言語研究」の課題
    著者紹介(「BOOK著者紹介情報」より)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
    犬飼 隆(イヌカイ タカシ)
    昭和23(1948)年、名古屋市生まれ。東京教育大学大学院文学研究科博士課程単位取得退学。学習院女子短期大学助教授、神戸大学教授を経て、愛知県立大学文学部国文学科教授。文字言語を対象とする理論的・実証的研究に従事し、古代史・考古学との学際研究をすすめている。平成5(1993)年に本書によって筑波大学より博士(言語学)の学位を授与された
  • 目次

    序論 文字表語機能観
    第1部 漢字を日本語の音節文字につくりかえる
    第2部 万葉仮名で日本語の語形を書きあらわす
    第3部 漢字を日本語の表語文字につくりかえる
    第4部 万葉仮名で日本語の文を書きあらわす
    終論 「文字言語研究」の課題n目次 / p1
    前書き / p5
    序論 文字表謡機能観 / p9
    本論 / p27
    第一部 漢字を日本語の音節文字につくりかえる / p29
    導言 / p31
    第一章 万葉仮名に内海されていた片仮名・平仮名への連続面 / p33
    第二章 万葉仮名の漢字音からの「離れ」-陽声字の万葉仮名による固有名詞の表記- / p70
    【補説】韻尾と添加母音との対応間係 / p80
    第三章 万葉仮名の字体と使用場面の相関-ツの字源- / p85
    結語 / p93
    第二部 万葉仮名で日本語の語形を書きあらわす / p95
    導言 / p97
    第一章 古事記のオの仮名の二種の字体 / p102
    【補説1】古事記のヲの仮名 / p118
    【補説2】[迦]と[加]の歌謡における分布 / p120
    第二章 古事記のホの仮名の二種の字体 / p121
    【補説1】古事記の用言の再活用における母音交替 / p151
    【補説2】[存]は甲類相当か乙類相当か / p154
    【補説3】大宝二年戸籍のホの仮名 / p155
    第三章 音韻の対立が解消した後の上代特殊仮名遣いの行方-古事記と万葉集のト、ロの仮名- / p157
    第四章 古事記のシの仮名の二種の字体 / p172
    結語 / p182
    第三部 漢字を日本語の表語文字につくりかえる / p183
    導言 / p185
    第一章 上代の戸籍における兄弟姉妹関係の用字と語彙との間 / p187
    【補説】「あね」の語源と上代日本の家族制度 / p214
    第二章 古事記と日本書紀の兄弟姉妹・配偶関係の用字 / p218
    第三章 接頭辞「いろ」を万葉仮名と正訓字とで表記した意図 / p243
    第四章 正訓字に添えられた音注の機能-かづしかのままのてご(な)- / p260
    結語 / p277
    第四部 万葉仮名で日本語の文を書きあらわす / p279
    導言 / p281
    第一章 万葉仮名の字体の変異が変異がはたしていた視覚上の分節機能 / p285
    第二章 上代文献中の同音節連接の表記と視覚上の分節 / p322
    【補説】二字、三字の繰り返しの表記 / p343
    第三章 万葉仮名の「濁」音専用の字体がはたしていた視覚上の統制機能 / p344
    第四章 古事記歌謡の前後に改行が施されていた可能性 / p367
    【補説】古事記歌謡五番「ぬばたまの」の表記の仕組み / p387
    結語 / p390
    終論「文字言語研究」の課題 / p391
    後書き / p409
    索引 / 索引(1)

上代文字言語の研究(笠間書院) [電子書籍] の商品スペック

書店分類コード R140
Cコード 0081
出版社名 笠間書院
紙の本のISBN-13 9784305703064
他の笠間書院の電子書籍を探す
ファイルサイズ 58.3MB
著者名 犬飼 隆
著述名 著者